2013年まとめ

2014.01.08 Wednesday | 22:23 | by naz
大分遅ればせながらになってしまいましたが、2013年のまとめです。

■パフォーマンス

年間パフォーマンスは +58.77%。(月次の単純加算)
去年は追加資金を投入しなかったので年初と年末の比較もすると+60%ちょい位になります。
それでも、利益額では2012年(+87%)よりも上なので複利の力は偉大ですね。

追加資金を投入しないのは、投資を始めてから(というか仕事を始めてから)初です。
景気に貢献する為(?)ちょっと出費が多かったのと、追加資金のPF全体に与える影響が小さくなったことが理由です。
追加資金を投入しても効果が薄くなってきたので、今後どうしようか悩ましいところですが、まぁリターンが出なくなってきたらまた追加したくなるのでしょう。

5月の高値を未だ超えてませんし、指数と比べてもイマイチな成績ではありましたが、もともと安定に重点を置いたディフェンシブ寄りのポートフォリオですので、ある程度は仕方が無いかなとも思います。ただ、反省点も大いにありまして…

・ポートフォリオの規模感が分からなくなった

2012年の秋〜2013年の春くらいにかけて、運用規模が一気に3倍弱くらいまで大きくなりました。
私の場合はPF上位の銘柄だと一銘柄いくら、中位だといくら、みたいな肌感覚があったのですが、急な変化でその辺の感覚が良く分からなくなり、PFが歪な構成になってバランスが崩れました。

結局、自分の器以上に運用規模が大きくなったということだと思います。
今は自分の器の方を大きくするべく頑張ってますが、まだしっくりくる状態にはなっていません。

・銘柄選択のミス

アベノミクス(というかインフレターゲット)の効果にはある程度の確信を持っていたので、ややレバレッジも使いつつ終始強気ではあったのですが、銘柄選択がイマイチでした。
当初のイメージではもっと全体が底上げされる、例えばPERの下限が10倍弱程度まで上昇したり、配当利回り4%以上の株が無くなっていくような感じで、PFを大きく入れ替えなくても恩恵を受けられるかなと思ったのですが、思った以上に銘柄間の差が大きく、的を外す結果になりました。

こういう大きな転換点の経験値が足りず、想像力が及ばなかったわけで、もし次回があればこの経験を活かしたいところですが、これだけの変化はまた相当先の事ですかね…。

■受取配当

受取配当金は前年比で+91.6%になりました。
もうちょっとで倍だったんですが、惜しくも届かず。
運用額と比べて伸び率が大きいのは12月決算の銘柄が多いのでタイムラグのせいでしょうか。
この数値は今年から税金が2倍になると厳しくなりそうです。

■読んだ本

2013年は67冊の本を読みました。(前年比+42%)
去年読んだ本の中で投資家におすすめしたいのは、

投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識

具体的な投資手法などは書かれていないのですが、投資家としての心構え、自分の一番基本的なとこにある信念みたいなものを作るのに役に立つと思います。
初心者よりは、少し投資を経験してみた後に、もう一歩先に進みたい人におすすめです。
特にうまくいかない時に読むと心を強く保てるんですが、そういう相場はまだもうちょっと先かも知れません。

ファスト&スロー
 
こちらは投資に限った本では無いのですが、意思決定や行動経済学的な内容に関する本です。
私達は当然自分で考えて決定しているつもりですが、人間の脳のは複雑で認知にも複数の仕組みが働くため、自分の意思で決めたようでいてもバイアスに影響されている可能性が大いにあります。
投資は意思決定の連続ですので、自分の意思が自分の思うようには制御できない事を認識し、訓練を積むことでうまく意思決定できるようになる、かも知れません。


それでは今年も良い年になりますように。

0

    四季報読みました

    2013.09.29 Sunday | 19:21 | by naz
    ちょっと時間が出来たので四季報読みました。
    いつもはお正月に読んでるのですが、今回は秋号。


    全体を通しての感想としては、

    ・規模によって雰囲気が結構違う
    大型は年間を通してじりじり上昇か、高値後横ばいっぽいのが多いのに対し、小型は春先に高値をつけた後、上昇幅の半分位まで下がってきているのが結構ある。継続的に買っているのはファンド系の資金で、個人はちょっと腰が引けている?

    ・輸出系、シクリカル系は業績絶好調、連動して株価も上がっている

    ・内需系は(大型だと)利益+10%、PER1.5〜2倍みたいのが結構ある
    この辺は業績が付いてくるならいいが、現時点では割高感がある。

    ・誰が見ても超優良みたいな会社は、更にPERが上がっている

    全体的に底上げ+二極化してるような印象で、十分評価されるようになっている会社もありますが、小型を中心に未だ割安なものも十分あるんじゃないでしょうか。個人的にはもう買えるものが無いってような状況とは思いませんでした。

    気になる銘柄も色々見つかったので、特に今まで変わらずじっくりいきたいと思います。

    0

      開示ツール更新(ver0.6.11)

      2013.07.29 Monday | 01:05 | by naz
       0.6.10 → 0.6.11 に更新しました。

      <変更点>
      ・東証&大証の市場統合の対応
      ・textreamのリンクをリダイレクトに変更
      ・グリーンシート銘柄が正しく判別出来ない場合がある問題を修正

      遅ればせながら東証&大証の市場統合に対応しました。
      上場市場のデータキャッシュを完全更新する必要があるので、初回の取得は多少時間がかかります。

      大変久しぶりにブロク更新。
      最近は本業の方が火を吹いてまして、私の場合ブロク書くのって結構〜気力も時間も使うんですよね。
      もうちょっとしたら落ち着くと思うんですが…。

      0

        売買メモ(〜13/03/29)

        2013.03.31 Sunday | 22:28 | by naz
        ウェイトはちょこちょこ変えてるんですが、構成銘柄はあんまり変わらずって感じで代わり映えのしないPFとなっております。

        ■購入

        <2791 大黒天物産>

        昔持ってたやつを買い戻し。ここは応援みたいな感じなので、余裕が出てきたので持っておこうかなと。優待もありますし。

        <2796 ファーマライズホールディングス>
        <3163 トータル・メディカルサービス>
        <4298 プロトコーポレーション>
        <4327 日本エス・エイチ・エル>
        <4705 クリップコーポレーション>
        <5185 フコク>

        相対的に割安感のあるものを、薄く広く少しづつ買い増し。

        <3038 神戸物産>

        決算後に結構買い増し、何かPFトップになっちゃったんですがそこまで自信があるって訳でも無いです。割安感はかなりあるので悩ましいところですが

        月次の営業利益から円高の影響ヤバくない?って雰囲気だったと思うんですが、1Q決算を見るとちゃんと為替ヘッジしてあって、取り敢えず目先はあんまり影響無い事が確認されたと思うんですよね。必要以上に先の見えない不安な状態から、取り敢えず見通しが立つ状態にはなったので、不透明感が払拭されてポジティブかなと。腰が据わってない人は既に売り終わってるでしょうし。

        当然、今後円高の影響は避けらないとは思うんですが、対応する時間もあるし別にこの会社だけが円高な訳では無いので、相対的な競争力はあんまり変わらないのではないかと。全てのプレイヤーが価格転嫁できずに消耗戦に陥るって状態が結構ありそうで怖いですが。

        <3169 ミサワ>
        <9842 アークランドサカモト>

        新規購入。単純に割安感のあるものというか、出遅れっぽいものを。

        ミサワは業績予想ともどもどの程度信頼していいのかが?という気もしますが、中計がなかなか意欲的で良い感じなので。個人的に(趣味的に)いまいちここの商品の良さがピンとこなくて、判断が付かないのでちょっと避けてたんですが、定量面で買えるかなと。

        <3366 一六堂>

        割安感があって出遅れ気味だったのでちょっと大きめに買い増し。この位の価格帯の居酒屋は景気が追い風になるのでは

        <7513 コジマ>

        新規購入、単純に優待目的で。コジマはあんまり行く機会ないんですが、ビックカメラで使えるなら利回り的にいいかなと。

        <8118 キング>
        <8127 ヤマトインターナショナル>

        アパレルも景気が追い風かなと。スタートトゥデイやポイントを見ていてもそんな感じがします。どっちもキャッシュリッチ系でPERもやや高めなので、あんまりダイレクトに評価はされなそうな気もしますが、配当利回りは高いので安定感はあるかなと。

        ■売却

        <1413 桧家ホールディングス>
        <2735 ワッツ>
        <2744 ウイン・インターナショナル>
        <2769 ヴィレッジヴァンガードコーポレーション>
        <3030 ハブ>
        <3079 ディーブイエックス>
        <3085 アークランドサービス>
        <3092 スタートトゥデイ>
        <3097 物語コーポレーション>
        <3633 paperboy&co.>
        <7500 西川計測>
        <7564 ワークマン>
        <7646 PLANT>
        <8771 イー・ギャランティ>
        <9963 江守商事>
        <9974 ベルク>

        薄く広くちょこっとづつ売却。上がったらちょっと売ってみたいな感じで。

        <3763 プロシップ>

        全て売却。まぁ進捗を見ていても分かるんですが、四季報予想を見て改めて今期、来期ともに予想には大分及ばない感じで厳しいかなと。

        <3788 GMOクラウド>

        こちらも全て売却。優待目的で買ってたんですが、大分上がったんでこの辺で。

        0

          開示ツール更新(ver0.6.10)

          2013.03.17 Sunday | 23:16 | by naz
           0.6.9 → 0.6.10 に更新しました。

          <変更点>
          ・textreamに対応
          ・クリック証券のリンクが名証銘柄等にも作成されていた問題を修正

          Yahoo!掲示板がtextreamに変わったのでリンク先を変更しました。

          0

            売買メモ(〜13/03/01)

            2013.03.03 Sunday | 23:47 | by naz
            今月はそこそこPFを動かしました。
            もともと私のPFは、事業が好みでそこそこ安いもの、事業は普通だけど割安感が強いもの、(あと優待株、)をブレンドしたような構成になっているのですが、最近はやや後者を減らして前者を増やしています。

            バフェットの名言で「潮が引いてみて初めて誰が裸で泳いでいたのか分かる」というのがあるんですが、全体が上昇して割安感の差が縮小する中、信頼できる、優れた事業の会社に徐々にシフトしていこうかなと。

            とは言っても、すぐに潮が引くとは予想してなくて、どちらかというとまだ当分続くんじゃないでしょうか。私の投資法ではそれにうまく乗って行くのは難しいかなとは思いますが、投資の仕方によって得意な時期、不得手な時期があるのは仕方ないことでしょう。

            まぁインデックス位には何とか付いていけたらいいな位には思いますが、じっくり行こうかと。(人と比べるとパフォーマンス出てないような気がしますが、絶対値で考えれば十分ですよねぇ)

            ■購入

            <1938 日本リーテック>

            新規購入。
            四季報の予想PER3.5倍で、おやっと思って調べた銘柄。
            実際のところは負ののれんの償却が大きいので、調整すると現在の株価でPER6.5倍くらい。そこそこ割安ってところですが、3Qまでの進捗を見る感じだと上振れそうな感じなので…、ただこの会社への理解が浅いので実際のところどうなるかは良く分かりません。正直別に買わなくてもいいような気もしますが、調べてしまったサンクコストに影響されてるのかも…。

            <2735 ワッツ>
            <2796 ファーマライズホールディングス>
            <2925 ピックルスコーポレーション>
            <3333 一六堂>
            <5015 ビーピー・カストロール>
            <5185 フコク>
            <8118 キング>
            <8904 サンヨーハウジング名古屋>
            <9787 イオンディライト>

            この辺はじわっと買い増し。ウェイト調整的な感じですね。
            2月決算ものは結構権利落ちが大きかったので、うまいこと買えました。

            <3085 アークランドサービス>

            今月の大幅買い増しその1。
            決算を見て改めていいなーと思いまして。結構株価上昇したのであんまり割安って程でも無いんですが、事業的には理想に近いのでPFの中心に据えておくには安定感があるな、と。FC部門の伸びもあって、利益率がどんどん上昇しているのがいいですね。

            <3097 物語コーポレーション>
            <4298 プロトコーポレーション>

            決算が期待はずれだったせいか急落したものも買い増し。
            期待大きすぎなのでは。

            <3163 トータル・メディカルサービス>
            <6678 テクノメディカ>

            昔持ってたものも再び新規購入。どっちも売値よりもやや高くなった価格での買い戻しなんでちょっと抵抗あるんですが、まぁ相対的にはいいかなと。トータルメディカルは単に安すぎ、テクノメディカは円安で海外が伸びればちょっと期待できそうで、事業的にもかなり好みなので。

            <3030 ハブ>

            新規購入。
            割安感まぁまぁ、事業的には好みの、最初に書いたような銘柄ですね。
            あんまり成長意欲は無さそうな感じですが、だんだん利益率も上がってきて財務にも余裕が出てきたので、少し期待してみようかと。

            <3620 デジタルハーツ>
            <7213 レシップホールディングス>
            <8519 ポケットカード>

            主に優待目的で新規購入。
            レシップはESOPでじわじわ受給が良くならないかなと期待したんですが今のところ微妙な感じですね。ここの柿は前から欲しかったので。

            <3633 paperboy&co.>
            <4327 日本SHL>
            <4705 クリップコーポレーション>

            高配当系を買い増し。
            単に配当性向が高いってだけではあるんですが、全体が上昇するような相場だと、配当利回りってのは結構目につきやすい指標なので評価されるきっかけにならないか、と。経験の浅い人は配当利回り4%とか飛びつきたくなると思うんですよね。

            <9384 内外トランスライン>

            今月の大幅買い増しその2。
            決算が出てなかなか強気な予想でした。ここは為替の影響が大きいので、どの程度が想定されてるのかが私的には肝でしたが、
            ・もともとの中計から考えると為替の影響を大きく織り込んで出してきた数字とは思えないこと
            ・これまでの利益率を考えると、売上はともかくこの位の利益率は(少なくとも予想の時点では)いけそうなこと
            ・最近のM&Aからも成長への意欲は高そうなこと
            から、想定為替レートはそんなに高くなく上振れの余地があるんじゃないかと。また元々割安感が高かったので、ちょっと思い切って買いました。

            で、暫くしてから決算説明資料で想定為替レートが出たわけですが、結果は85円。というわけで、外れてなくて良かった…ということで、もう少し買い増しして主力の一角へ。配当性向をもう少し上げてくれるといいんですがね。

            ■売却

            <2157 コシダカホールディングス>
            <7564 ワークマン>

            大分戻したので下げた時に買った分は一部利確。

            <2198 アイ・ケイ・ケイ>
            <2418 ベストブライダル>
            <2749 JPホールディングス>
            <7148 FPG>

            どれも少しづつしか持ってなかったんですが、株価の上昇により割安感が感じられなくなってきたので全て売却。FPGはかなり早く売ってしまったので、一番美味しいところを逃しました、あ〜あ、勿体無い…。JPは割高感的にずっと我慢して持ってたような感じだったんですが、デジタルハーツでお米券増えたし、まぁいいか、ということで。

            <2882 イートアンド>

            ストックオプションの条件にも絡むので、業績的にはあんまり心配していなかったんですが、下方修正。

            四半期単位で見ると食料品部門の利益減が厳しい感じ。IRを見ても「商品の利幅が低下」とあるので、冷凍餃子の競合が激しくなってコモディティっぽく価格競争状態に落ちっているんだと、事業の大事な部分がやられてる可能性があります。一方で、新工場だったり、事務所移転だったり、もしかすると野菜価格だったり、経費的な面でも今が一番しんどい時のような気もします。四半期単位の利益のぶれは結構大きいですし、もうちょっと売上が伸びる予定で経費を使っちゃったけど、思ったより伸びなくてダメでした、ごめんなさいみないな印象も。

            で、かなり迷ったんですが2/3ほど売却。
            そこまで割安感が無いのと、あんまり気にしてない内に株価が上昇していて、ウェイト的にちょっと大きくなっていたので。

            <3092 スタートトゥデイ>

            一時急騰したので一部売却。よっぽど空売り溜まってたんですね…。
            (未だにずっと逆日歩付いてますが)

            <3258 常和ホールディングス>

            また増資。
            この規模の増資されちゃうとちょっと厳しい、ということで売ろうかと思ったんですが、株価下がり過ぎで価値減少分以上に下げたので、放っておこうかと思ったんですが、戻ってきたので買い増し分は売却。

            <9058 トランコム>

            TOPIX組入の関係(?)で急騰したので、一旦全部売りました。
            その後、下げたので一部買い戻し。そろそろ割安感もあんまり無いですが、事業的には好みなので。

            0

              売買メモ(〜13/01/25)

              2013.01.27 Sunday | 23:44 | by naz
              日経平均が大分上がってきてバブルって声もよく聞くようになりました。私も上昇スピードは流石に急すぎなんじゃないの?と思うんですが、バブルか否かってのは水準について言うものではないかと思ってます。(個別銘柄だとバブルなのは沢山あると思います)

              これが20000円とか30000円だったらバブルなんでしょうが、まだようやく震災前ってレベルですよね。この程度の変化は業績が変化しなくても、PERの変化(以前の期待感の無さと、現在の期待感)だけで十分有り得るんじゃないかと。

              「期待」で動いてるので中身が無い、って見方もできますが、期待ってのは意外と大切で、期待が根拠でも実際に円安になれば輸出企業の収益は改善しますし、インフレが(十分に)予想されれば消費は増えるんじゃないでしょうか。きっかけは期待でも正のフィードバックが発生して、実際にファンダに反映されていく訳で。

              実際に価格を動かしているのは短期の人たちだと思うので、期待が維持できなくなったら元の木阿弥ってのは十分にあると思いますが、このまま景気が良くなっちゃうってのも結構有り得る未来なんじゃないかと。

              まぁこんなに上がる方に賭けて無かったので、後知恵ですが。

              ■購入

              <2391 プラネット>

              流通BMSを推進みたいなのが出てたので、幾らかは恩恵あるかな?と思ってちょっと買い増し。全く反応が無いところを見ると、関係無かったかも。

              <2668 タビオ>

              決算が期待はずれっぽい感じで下げたのでちょっと買い増し。この冬の寒さが反映されてくるのって4Qからだと思うので、良くなってくるのはこの後なんじゃないかと。

              <2925 ピックルスコーポレーション>

              単純に安いなということで新規購入。今期は春と冬と野菜が高かったと思うんですが、それでこの位の利益水準ならなかなか良いのではないでしょうか。野菜が高騰してるのは周知だと思うのでそれなりに織り込んでいると思うんですが、下方修正が出たらその時のほうがチャンスかも知れません。

              <3038 神戸物産>
              <3097 物語コーポレーション>
              <7931 未来工業>
              <9384 内外トランスライン>

              この辺はじわじわ買い増し。

              <3091 ブロンコビリー>

              決算出ました。正直あんなに上がるほど良い決算かというと微妙?という気もするんですが、売上予想の伸びを評価して買い増し。円安が牛肉の原価に影響しそうでちょっときになるんですが。

              <7564 ワークマン>

              四季報で発見して新規購入。すごく割安って程でも無いんですが、事業はかなり好みなので、公共投資増の追い風もあってアリかな、と。

              <7974 任天堂(ミニ株)>

              前回書き忘れ。ミニ株でチビチビ買ってるので、普段使ってる口座と違ってて忘れてました。

              円安を考えるともうちょっと反応してくれてもいいような気もしますが、どうなんでしょう。任天堂が持ってるコンテンツの価値ってのもあると思うんですが。

              ※ちなみに私は本業はゲーム開発関係ですが、業界人だから詳しいとか何も無くて、好きな会社だから買ってる程度です

              <8425 興銀リース>
              <8439 東京センチュリーリース>

              リース系をもうちょっと買い増し。負債が多い分インフレ向き、優待もあるので持っていやすい、日経平均についていけそうな中では、業績もそこそこ安定していていいかなと思ったんですが、変にセクター集中してしまったので、あんまり連動しないかも知れません。

              <GWW W. W. Grainger, Inc.>

              MonotaROを早く手放してしまった恨みを親で晴らす…。って訳でも無いですが、アメリカの景気が回復してくればこのへんの需要も増えるかなと。PERを考えると大分割高な気がしますが、シクリカル性を考えるとアリなようなそうでも無いような…。良くわかりませんがいい会社なのでずっと持っとくにはいいかなと。

              ■売却

              <1413 桧家ホールディングス>
              <2157 コシダカホールディングス>
              <2198 アイ・ケイ・ケイ>
              <2735 ワッツ>
              <2744 ウイン・インターナショナル>
              <2769 ヴィレッジヴァンガードコーポレーション>
              <3079 ディーブイエックス>
              <7646 PLANT>
              <9058 トランコム>
              <9729 トーカイ>

              上昇したものを中心に少しづつ売却。トランコムは謎な上昇なんですが、肉の呪縛が無くなって機関投資家が買いやすくなったとかなんでしょうか?

              <3003 ヒューリック>

              全て売却、さすがにPER的に割高過ぎでは?という気がして。

              <3387 クリエイト・レストランツ・ホールディングス>

              全て売却、優待用に残しとく予定だったんですが、TIWのレポートに1部昇格に向けて売り出しの可能性みたいのがあったので。蓋然性は良く分かりませんが優待だけと引き換えるリスクにしては過大かなと。

              <7594 マルカキカイ>

              全て売却、安いとは思うんですが上がり方が急で、公共投資増→建機のイメージで買われてるような印象を受けたんですよね、関係無いかも知れませんが。実際には産機中心で、そこにもどの程度好影響があるか良く分からなかったので、決算も微増益予想なら、この辺でいいかなと。

              <8519 ポケットカード>

              全て売却、妙に上がったんですが、アイフルの余波ですかね?優待は欲しいので、直前に買い戻すかも知れません。

              <9857 英和>

              全て売却、四季報を読む感じだとやっぱ下方修正濃厚なのかな?と。四季報にどの程度信憑性があるのかって気もしますが。

              <FXI iShares FTSE China 25 Index Fund>

              全て売却。リーマンショックの時期に特に急落していたので買ったんですが、その時回せる資金があまりなくて額が少なかったんですよね。なので、売却時の手数料が勿体なくてずるずる持ってたんですが、マネックスの手数料が下がったのでいい機会かなと。

              0

                2012年まとめ

                2012.12.31 Monday | 16:57 | by naz
                2012年も皆様、お疲れ様でした。

                今年はリーマンショック以降、割安に放置されていた小型株の水準が一気に訂正されたという印象で、小型株中心に投資していた人は報われたのではないでしょうか。

                私自身も年間+87.02%と投資を始めてからの中で最大のリターンが得られました。金額ベースでは年初から2倍以上にまでなっているので、今年はホント、稀にある幸運な年だったと思います。(※↑の数字は月次を単純に加算したものなので、複利だと2倍を超える)

                2005年の新興バブルの時は、知識、技術、資金など、何もかも足りておらず、全く恩恵を受けられなくて悔しい思いをしたのですが、今回はまずまずうまくやれたと思っています。


                続いて、確定済み利益ベースで今年ヒットした銘柄。

                1位 <3366 一六堂>

                株価的にはそんなに大幅上昇したって程でも無いんですが、一時ウェイトをかなり大きくしていたので利益的はこれが最大です。

                分売後に400円位まで下がった時に、PFの30%超くらいまで買っており、分散派の私としては1銘柄にこれだけ集中させたことは今までなかったので、かなりドキドキの経験でした。

                ただ一応根拠もあって、分売も一部上場に向けての可能性が高いとは思ってましたし、需給的にも今が最悪っぽい感じで、大口が買ってるっぽい雰囲気もあったので、ダメなら最悪損切って再エントリーしてもいいかな、ということ感じでちょっと勝負してみました。

                2位 <8771 イー・ギャランティ>

                ここは事業的に気に入っていて、結構昔から主力の一角だったんですが、ESOP信託による買いで需給が良くなりそうってことでややウェイトを上げたのが功を奏しました。ただ、正直ここまで上がるとは全く思っていませんでした。

                一六堂もそうなんですが、下がる要素が少ない時に思い切って大きく買っておくのは意外といいのかも知れません。まぁ何か突発的なことが起きて逆に行ったらダメージも大きいので、たまたま上昇基調の年だったから成功しただけかもという気もします。

                3位 <2735 ワッツ>

                今年は雑誌(日経マネー)に載せて頂くという初めての経験をしまして、その時に一番お勧めの銘柄を訊かれて(分散派なので)迷った末、挙げたのがこの銘柄。その時点では1000円弱くらいだったと思うんですが、雑誌が発売した時には大分上がってしまっていて、これは丁度天井だったかな〜と思ってたんですが、また戻ってきたので許して下さいw

                この銘柄はちょっとボックスっぽい感じで、買ったり売ったりでもそこそこ利益が出ました。

                4位 <3085 アークランドサービス>

                どういうわけか1年中ずっとじわじわ上がってました。
                この銘柄に関しては大部分は持ったままなので、含み益も入れるとここがトップかも知れません。

                5位 <3387 クリエイト・レストランツ・ホールディングス>

                これは三菱商事持分のディスカウントTOBが発表されたのをきっかけに、EPSがそんなに上がるなら単純に安いな〜ということで、あまり深く考えずに買いました。

                その後、買値の3倍を超えるところまで上がったのですが、3倍超えは投資人生で初めてで、深く考えずに買ったもので短期間で達成してしまってちょっと複雑な気分です。何年も付き合っている銘柄もあるのに…。


                という訳で、何とか年内に書けました。
                夏休みの宿題は早めにやるタイプだったはずなんですが…w

                来年の目標、これはいつも同じなんですが+10%です。
                可能な限りチャンスは掴むべく努力したいですが、今年は稲妻の輝く瞬間だったということを忘れないように、あまりアグレッシブになりすぎないようにしたいと思います。

                それでは来年も良い年になりますように。

                0

                  売買メモ(〜12/12/28)

                  2012.12.29 Saturday | 13:36 | by naz
                  最近間隔が開いていて今週のって感じでもなくなってきたので、タイトルを変えてみました。
                  今年のまとめはまた別で書こうかと思います。

                  ■購入

                  <2157 コシダカホールディングス>
                  <2196 エスクリ>
                  <3079 ディーブイエックス>
                  <3092 スタートトゥデイ>
                  <3172 ティーライフ>
                  <3633 paperboy&co.>
                  <3654 ヒト・コミュニケーションズ>
                  <3794 エヌ・デーソフトウェア>
                  <9974 ベルク>

                  PF中位銘柄を少しづつ増量。

                  <2179 成学社>

                  これは完全に優待狙いで。
                  そこそこ割安感もあると思います。

                  <2186 ソーバル>

                  3Q決算が結構良かったので。
                  優待もあるし、これから景気良くなるなら面白いかも。

                  <25935 伊藤園第1種優先株式>
                  <4290 プレステージ・インターナショナル>
                  <9857 英和>

                  一旦売った系も買い戻し。

                  <2769 ヴィレッジヴァンガードコーポレーション>

                  前回書いた通り買い戻し。
                  権利前の下落が大きかったので、権利前を中心にその前後で。

                  <3038 神戸物産>

                  決算が良かったので買い増し。
                  前回の四季報が減益予想だったので警戒していたんですが、この決算ならかなり安いんじゃないでしょうか。その後、おそらく売り出しの関係でやや下げているので、じわじわ買ってウェイトはかなり高めになっています。

                  <4653 ダイオーズ>

                  ここは米国比率高いので、円安&米国景気回復で恩恵を受けそうかなということで買い増し。
                  進捗も良いので、上方修正の可能性は高いのではないかと。

                  <5015 ビーピー・カストロール>

                  新規購入。
                  ここは指標的にはかなり安いんですが、儲かったお金の殆どが親会社に短期貸付されるというのがイヤな感じ。いつかTOBされないかなと。

                  <5185 フコク>

                  選挙より前のタイミングでシクリカル系が上がり始めていたのに、ここは小型なせいかあまり動いて無かったので、遅れて付いていくかなと思い購入。その後下方修正を出してう〜んって感じですが、景気が良くなるなら期待は来期以降ですかね。取り敢えずお米を貰います。

                  余談ですが、優待でいろいろお米を貰いましたが、ここのやつが一番美味しかったです。
                  昔は年2回だったんですよね〜。

                  <9058 トランコム>

                  優待廃止でやや下落したのでちょっとだけ買い増し。
                  牛肉は美味しかった(過去3回?貰った)ですが、それが無くても十分魅力的な会社だと思います。

                  <3003 ヒューリック>
                  <3258 常和ホールディングス>
                  <7931 未来工業>
                  <8566 リコーリース>

                  選挙後の相場に対応するために大型系、シクリカル系を追加。
                  まぁ絶対額が少ないのであんまり効果無いんですが、気持ちだけ。

                  <KO The Coca-Cola Company>

                  シーゲル派には定番の銘柄で前から欲しかったのであまり深く考えずに。

                  <DD E. I. du Pont de Nemours and Company>

                  米国の景気は徐々に回復していくと思うので、少しシクリカル色のあるものを入れて見ようかと。

                  <MDT Medtronic, Inc.>

                  いろいろ米国株調べたんですが、ここは妙に安い感じがしたので。
                  春山さんが米国では景気が悪いと医者に行くのを控えるので、病院、医療機器関係は景気の影響を受ける、という話をされていて、それならここもちょっと面白いかなと。

                  ■売却

                  <2674 ハードオフコーポレーション>

                  売り切り。
                  まだそこそこ安いと思うんですが、なんとなく。

                  <2735 ワッツ>

                  神戸物産と入れ替えるべく一部売却。

                  <3073 ダイヤモンドダイニング>

                  急騰した時に一部売却。
                  3Q決算を見るとなかなか厳しい感じなので残りは長い付き合いになりそうかな?

                  ただ、忘年会シーズンを前にコールセンターを設置したり、不採算業態を既に成功している業態に変更したりして、今後(来期かその次くらい?)収益性が高まってくるフェイズに入ると思うんですよね。
                  なのでちょっと買うのが早すぎた感はありますが、長い目で期待しています。

                  <3097 物語コーポレーション>
                  <3387 クリエイト・レストランツ・ホールディングス>
                  <4298 プロトコーポレーション>
                  <7646 PLANT>
                  <8118 キング>
                  <8876 リロ・ホールディング>

                  株価が上昇したものを少しづつ売却。
                  物語なんかはまた下がってきたので、そろそろ買い戻そうかと。

                  <4342 セコム上信越>

                  結局何も無かった割りには株価は上がったので売却。

                  <7483 ドウシシャ>

                  ここは円安はデメリットだったはずなので売却。

                  <8424 芙蓉総合リース>

                  いい感じに戻ったので買い増しした分は売却。
                  今思うとずっと持っておけば…。

                  <かいたくファンド>

                  もともとここは景気変動に関わらず安定して利益を出せるような海外の会社に投資するファンド、というイメージで買っていたんですが、最近ファンドマネージャーが変わったせいもあってか、どうも方向性が合わなくなってきた感じがするので、思い切って全て売却。

                  ・頻繁に現金比率を変更して、マーケットタイミングを狙いすぎなこと
                  ・欧米を減らして、東南アジアへ投資するファンドを組み入れること
                  ・ファンドマネージャー交代の経緯の説明が無いこと

                  あたりがどうも…。
                  新興国はVWO一本でいいかなと思うし、個人的には米国に対して強気なので。

                  もうかれこれ4年以上積み立てていて、思い入れも結構あったので残念です…。

                  0

                    開示ツール更新(ver0.6.9)

                    2012.12.03 Monday | 00:43 | by naz
                    0.6.8 → 0.6.9 に更新しました。

                    <変更点>
                    ・Yahoo!ファイナンスへのリンクを掲示板の一覧ページに変更
                    ・Yahoo!ファイナンスの業種「通信業」が「情報・通信」に変わったので対応
                    ・東証AIM銘柄を無視するオプションを追加
                    ・年をまたぐ決算スケジュールのソートがおかしい問題を修正

                    使っているうちに気づいた細かいバグを修正しました。
                    新しい機能も追加したいところですが、なかなか時間が取れません。

                    0

                      naz on Investing
                      calendar
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << September 2018 >>
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      links
                      twitter
                      ブクログ
                      一口馬主
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode